必要な書類

普通自動車の売却時に必要な書類など

自動車検査証(名義と住所は要確認)
印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内、都道府県により1〜3通必要)
自賠責保険証明書
自動車納税証明書
実印
リサイクル券(預託済みの場合)

自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合

住所変更がいちどのみ:住民票
住所変更が複数回あり:戸籍の附票または住民票の除票
結婚等で姓が変わった:戸籍謄本

軽自動車の売却時に必要な書類など

自動車検査証(名義と住所は要確認)
自賠責保険証明書
軽自動車納税証明書
印鑑(認印可)
リサイクル券(預託済みの場合)

共通事項

普通車、軽自動車に関わらず、多くの場合、売買契約書に振込口座を記入します。
事前に紙に控えておくとよいでしょう。

なお、自賠責保険証、自動車検査証(いわゆる車検証)、納税証明書は、それぞれ、保険会社、陸運局、都道府県税事務所で再発行が可能です。
また、スペアキーや、整備手帳、取扱説明書、外した純正パーツなどがあれば用意しましょう。査定にプラスになる場合があります。

名義変更(移転登録手続き)、ローン残があればその手続きなどは、委任状を作成して業者が行いますので手間は掛かりません。
業者によっては、次のクルマまでの代車無料サービスも用意しているようです。