第2世代の中古プリウスを売りたい、買いたい。バッテリーの寿命は?

中古プリウスを売買するときの注意点

 
中古のプリウスに惹かれる方はとても多いです。
 
そして、売りたい人も買いたい人も、バッテリーには不安を持たれています。
 
いまどきのUsed Car(ようするに中古車ですが^^)でしたら、10万キロ越え、10年落ちといった程度では、買うにしても売りたい場合でも大きな問題ではありません。
 
しかし、それがプリウスをはじめハイブリッドカーとなると話しは変わってきます。
 
トヨタの場合、駆動用バッテリー(走行用バッテリー)は10万キロか、新車登録から5年間の早いほうが保証期間です。
 
ちなみに、トヨタの公式サイトでは駆動用のバッテリーに関してこう記されています。

駆動用バッテリーには寿命があります。
寿命はクルマの使い方、走行条件により異なります。
保証は新車を登録した日から5年間です。
ただし、その期間内でも走行距離が10万kmまでです。

 
しかし、プリウスを20台ほど導入したタクシー業者の例では、20万kmぐらいから燃費が落ち始め、30万キロになる頃にはほとんどのバッテリーは使いものにならなくなったそうです。
 
タクシー会社ですから、メインテナンスは充実していたと思いますが駆動用バッテリーは意外と保つようですね。
 
買い替えまで駆動用バッテリー交換の経験をしないユーザーさんも多いかもしれません。
 

プリウスはバッテリー以外にも注意したい

ただし、駆動バッテリー以外にも、電気制御用のバッテリー(補機バッテリー)も搭載しています。そちらの交換は3?5年での交換が多いようです。
 
その費用は、3万円前後から6万円超(純正、社外品、ディラーやネットなど入手先でも違う)と、油断できない価格です。
 
また、インバーター(直流と交流を変換する装置)などの故障が、10年以上経ってくると不安になります。
 
この修理には40万円以上掛かると言われ、車買取業者も嫌っていて、いくら人気のプリウスといえども査定提示額が伸びません。
 
ようするに中古のプリウスを買いたい人でも、あまりに古い車体は要注意です。
 
反対に、プリウスを売るなら、10年落ちになる前に手放したほうが良さそうです。
 
また、売る際には「現状での売却」を保証してもらうことです。
 
中古車の買取業者には、専用の保証で、売却後の不具合に関して元オーナーには一切責任が課せられない保証があります。
 
買取った車、全てに対して保証する業者もあります。
 
直接、車を見て査定をするわけですから当然といえば当然でしょう。
 
しかし、車の過去に対して余すことなく申告するのが筋ですが、うっかり忘れてしまうこともあり、完璧に対応することは出来ないのではないでしょうか。
 
いや、出来ないオーナーさんが大半でしょう。
 
そこを突いてくる中古車業者もあるようです。
 
 
一方、ビッグモーターのように料金を取るところもあります。しかし、逆に有料であれば明示的になるのでトラブル回避になると思います。
 
 
古いハイブリッド車の売買には保証に加入するなり、責任の範囲を明確にすることはマストだと思います。
 
そうしないと、燃料代は抑えられても、修理代で大赤字になりますよ。
 
そもそも、ハイブリッドカーって新車時でも本来の持つ車格よりはバッテリーなどハイブリッド部分が加算された金額です。
 
同一車種でもガソリン車より軽油のディーゼル車が高いのと一緒です。
 
さらに、ハイテク化された車は、何もない軽トラックよりも圧倒的に複雑に成らざるをえません。
 
当然、故障する割合も増えます。
 
その修理といっても、所謂、直すというより壊れたパーツの交換だったりして割高です。
 
 
ちょっとだけ視野を広げると、ハイブリッド車以外の燃費も信じられないくらいよくなっています。
 
いまではハイブリッドのみがエコだと思うのは間違いです。
 
ガソリンのコンパクトカーも選ぶときに視野に入れると良いかもしれません。
 
選択肢がすこし広がり、あなたらしいクルマ生活が実現しますよ。
 
その上でプリウスも結構!
 
「あなたらしい」って大切だと思いませんか?
 
 
TOPページへ戻る
 

プリウスの中古車とバッテリーの関連

 
【関連サイト】
 
車買取ラビット口コミ
cx-3下取り
中古車の買取目安
マーチ下取り
カローラ下取り